シミウスの使い方、使う順番、使うタイミングを解説

 

シミウス使い方

 

累計販売実績500万個を突破したメビウス製薬のオールインワンジェル、シミウス

 

オールインワンジェルなのでお手入れは楽ちんですし、必要なのは簡単なマッサージだけです。

 

それだけで効果が出るなんて…!とめんどくさがりの私も早速購入してみました。

 

実際に使ってみた私の感想も交えながらシミウスの使い方を紹介していきます。

 

シミウスの基本的な使い方と使うタイミング

 

シミウス使い方

 

まず、初めにシミウスの基本的な使い方を見ていきましょう。

 

  1. パール2個分ぐらいをスパチュラに取る
  2. 手にジェルを乗せてくるくると回しながらジェルを掌で温める
  3. 顔にジェルを乗せたら顎から順番に少しずつ上へ向かってマッサージをしていく
  4. 目元まで上がっていったら耳の後ろを取って鎖骨までスーッと手で撫でていく

 

後程詳しいマッサージ方法をまとめていきますが、基本的には「下から上」へと少し圧をかけながらマッサージで押し上げていき、

 

最後は「内から外」へと流すイメージで老廃物をリンパへと流していきましょう。

 

次に使いながら私が感じた疑問や、口コミで見た疑問のQ&Aも載せていきます。

 

Q1.いつマッサージをすればいいの?

 

洗顔後でOKです。

 

汚れや余分な皮脂を取った状態でマッサージを行っていきましょう。

 

シミウスは朝晩の洗顔後などに使用することができますが、毎回頑張ってマッサージをしなくても大丈夫です。

 

1日1回ゆっくりとマッサージをする時間を設けて継続していく方が効果が期待できますよ。

 

Q2.ベタベタするって聞いたけど…

 

確かに肌に乗せた直後はべたべたとします。

 

私もべたべたとした感触は苦手なので、「大丈夫かなぁ?」と少し不安になりました。

 

でも、マッサージをしていくうちに、美容成分が肌へと浸透していくのか段々と気にならなくなってきます。

 

最後は普通に保湿化粧品を塗った後のような自然な潤いとなりますよ。

 

Q3.マッサージをしたらポロポロと何か出てきた。これは何?

 

「マッサージをしていたらジェルがポロポロと固形化してきた」と何件か口コミで見かけました。

 

このポロポロとしたカスみたいなのは通称『モロモロ』と呼ばれるものなのですが、なる人とならない人がいるんですね。

 

私はシミウスのジェルは問題なかったのですが、シミウスのクレンジングはモロモロがでました。

 

このモロモロの正体は何かというと、肌に浸み込む前のジェルが固まってしまったものです。

 

マッサージをする時に、力が強過ぎるとこうしてジェルがモロモロと固形化してしまうことがあります。

 

私はくるくると少しだけ圧を加えつつ撫でるようにマッサージをしていったので、ポロポロとならなかったのかもしれません。

 

またジェルの1回量が多くてもこのようにモロモロとなることもあるので、そうなった場合は量も調整してみてくださいね。

 

化粧水やクリームと併用する時の使い方

 

基本的にはシミウスはオールインワンジェルなので、乾燥などが気にならなければこの1つでお手入れを完了しちゃってもOKです。

 

ただ、私のようにものすごく乾燥肌などで、保湿が追い付かない場合はシミウスを塗ってから保湿クリームなどを足してください。

 

なぜ先にシミウスを使用するのかというと、肌に油分が多くなってしまうとシミウスのジェルがお肌に浸透しなくなってしまうからです。

 

私はシミウスの前に化粧水導入液をつけることもありました。
その方がシミウスの保湿力がアップするように感じたからです。

 

また、私の使っている化粧水導入液は収れんタイプで、毛穴を引き締める効果があるので、

 

まずはキュッと毛穴を引き締めて、シミウスで水分を閉じ込めるようなイメージで使っていました。

 

シミウスのマッサージが終わった後、仕上げにシートマスクを使うことが多く、そうすると朝まで冷暖房の中で寝ていても乾燥知らずで過ごせましたよ。

 

効果的なマッサージの仕方

 

 

シミウスのマッサージはメビウス製薬が動画を紹介しているので、そちらを参考にすれば分かりやすいです。

 

では、シミウスのマッサージの仕方を詳しく見ていきましょう。

 

といっても手順はものすごく簡単です。

 

まずは、ジェルをスパチュラですくったら、手に広げてから顔全体に優しく塗っていきます。

 

そして、

 

  1. リンパのところをほぐす
  2. .頬の下の筋肉をゲンコツの形を作って下から上へと押し上げるように加圧する
  3. 老廃物を流していくイメージで頬の内側から外へと指で加圧しながら流す
  4. 最後に耳の後ろを通って鎖骨まで流したらOK

 

と、踏むべきステップは僅か4ステップだけです。

 

加圧していく力ですが、自分で押してみて「痛気持ちいい」と感じるぐらいの強さがベストです!

 

強過ぎると前述の通り、ジェルがポロポロと固形化してきてしまうからです。

 

また、力が強いと肌を傷めてしまうこともあります。

 

ですが、力が弱いとリフトアップ効果が期待できないので注意してくださいね。

 

シミウス美白ホワイトC美容液の使い方

 

シミウス使い方

 

続いて、初回購入特典で一緒に封入されてきた美白ホワイトC美容液の使い方も見ていきましょう。

 

この美容液の特徴はなんといっても黄色い小さなビタミンCのカプセルが入っているところです。

 

肌に伸ばしていくとカプセルが溶けてすぐに見えなくなります。

 

先がローラータイプになっているので、シミウスでお手入れをした後に、シミやクマなど特に気になるところに2〜3回容器をプッシュしてからコロコロと転がして塗っていく形になります。

 

ビタミンCがギュッと濃縮されているので、肌に浸透していきメラニン色素に働きかけていってくれます。

 

プレミアムマスクパックの使い方

 

シミウス使い方

 

最後に紹介するのがプレミアムマスクパックです。

 

手に取ってみると、かなりシートが厚めに作られていることが分かります。

 

それもそのはず、シートマスクの生地を二重にして作っているからだそうです。

 

大きさも市販のシートマスクなどと比べると大きめに作られていて首の方までシートが届きそうです。

 

シートマスクには、プラセンタ・コラーゲン・ビタミンC誘導体・紫紺エキス・セラミドなどの美容成分がたっぷりと含まれているのでお肌の中へと浸透していき、潤いをもたらせてくれます。

 

シミウスを塗った後、シートマスクを仕上げに使っていましたが、やはりシミウスだけを使った時と比べて潤いが段違いです。

 

余裕があればシミウスの成分をシートマスクの保湿効果で閉じ込めていくような使い方が乾燥知らずになるためにはベストだと使ってみて感じました。

 

シミウスの使い方まとめ

 

シミウスはオールインワンジェルなので、オイリー肌や普通肌の方はこれ1つでお手入れ完了しても充分潤うと思います!

 

シミウスをローション代わりにしてマッサージをしていくと、コリが取れていくようですごく気持ちがいいんですよ。

 

リンパの流れなど今まで余り意識したことありませんでしたが、こうして順序立ててマッサージをしながらリンパを流していくと身体がスッキリとすることが感じられました。

 

一緒についてくる美白ホワイトC美容液やプレミアムマスクパックを使えば更に保湿力アップに期待ができます。

 

乾燥肌に悩んでいる方やシミを少しでも薄くしたいと考えている方はお手に取ってみてはいかがでしょうか?