シミウスの副作用やアレルギーは危険?妊娠中や授乳中でも大丈夫?

 

シミウス副作用

 

シミウスは150万人が愛用している人気のシミ対策オールインワンジェルです。

 

そんなシミウスですが、肌に使う商品なので副作用が気になる方もいらっしゃるでしょう。

 

結論から言うとシミウスは医薬品ではなく医薬部外品なので副作用が起こることは一切ありません。

 

この記事を読めば、シミウスの副作用や妊娠中、授乳中でも安心して使用できるかを詳しく知ることが可能です。

 

シミウスを使うと副作用は起こる?口コミで徹底検証

 

保湿が物足りない

 

シミウスを試しに使いましたが、クリーム自体はよく伸びると思います。

 

お風呂上がりにマッサージすると一時的にもっちりとした肌になりました。

 

ただ、浸透力が足りないからか1時間もすれば肌がカサついてしまいます。

 

そして、翌朝にはカサカサが増して赤ら顔になってしまいました。

 

乾燥肌の方には保湿が物足りないと思います。

 

50代

 

肌に合わなかった

 

ネットの広告でシミウスを見て試しに購入しました。

 

しっかりとしたジェルで伸びは良くマッサージすると目の周りがスッキリして使用感はよかったです。

 

ただ、1週間くらい目安の量を使用してケアしたところ、口の周りやおでこにかゆみと赤みが出てしまい使用を中止しました。

 

初回キャンペーンで継続のシバリがなかったのですぐに解約はできました。

 

解約するときもしつこく勧誘されることもなくスムーズでした。

 

商品は合いませんでしたが電話の対応はよかったと思います。

 

30代

 

シミウスの口コミを調べたところ、重篤な副作用を訴える報告は一切ありませんでした。

 

ただ、

 

  • 保湿が物足りない
  • 肌に合わなかった

 

という意見が一部ありました。

 

保湿が物足りない

 

オールインワンジェルは保湿が物足りないという意見が多いですが、シミウスに関しては保湿力をほめる声が多かったです。

 

ただ、保湿が物足りないという乾燥肌の方の意見も一部ありました。

 

副作用ではないですが、乾燥を放置するとバリア機能が低下してしまうので、クリームや化粧水でカバーされている方もいらっしゃいましたね。

 

肌に合わなかった

 

最近は無添加処方をうたっている化粧品が多いですが、シミウスは殺菌効果を上げるためにバラベンを使用しています。

 

配合量は微量なので、副作用を起こす心配はありませんが、最初は返金保証が付いたサービスを利用したほうが安心でしょうね。

 

シミウスは妊娠中、授乳中に使用しても大丈夫?

 

シミウスの口コミを調べると肌に合わないという意見はありましたが、副作用が起こったという声はありませんでした。

 

ではシミウスは妊娠中や授乳中に使用しても問題ないのでしょうか?

 

ネットで調べたところ『妊娠中や授乳中に使用しても問題ありません』と書いているサイトがたくさんありました。

 

ただ、ネットの情報は間違っていることがあるので、直接メーカーに確認しました。

 

シミウスは妊娠中や授乳中に使用しても大丈夫ですか?

お問い合わせありがとうございます。
シミウスは妊娠中や授乳中に使用しても問題ございません。
ただ、妊娠中や授乳中はホルモンバランスが乱れて肌がデリケートになりやすい時期です。
もし、ご心配な場合は医療機関で相談していただきますようお願いします。

 

との正式な回答をいただきました。

 

担当の方によると妊娠中や授乳中でも問題なく使用できるとのことです。

 

ただ、シミウスは無添加処方ではないので、心配な方は一度かかりつけのお医者さんに相談されたほうがいいでしょう。

 

シミウスの副作用|全成分を解析して調査してみた

 

星1個シミウス口コミ=非常に安全 
星5個シミウス口コミ=危険

 

成分 内容 副作用危険度
グリチルリチン酸ジカリウム 漢方の原料としても知られる甘草の根に含まれる成分で、炎症を抑え、肌荒れやニキビのケアに効果を発揮します。 シミウス副作用
プラセンタエキス 抗酸化作用により、肌のハリ・弾力を支えるコラーゲンのダメージを抑制し、さらにシミの原因になるメラニンの発生を抑えることで、肌を老化ダメージから守ります。 シミウス副作用
水溶性コラーゲン液 お肌の保水や保湿、ハリ・弾力の維持に効果的です。 シミウス副作用
シコンエキス シコンは古くから知られる皮膚外用漢方薬「紫雲膏(シウンコウ)」の主成分であり、シコン中のシコニンという色素が肌あれを抑える効果を発揮することが知られています。 シミウス副作用
サクラ葉抽出液 肌の炎症を抑える作用、美白作用(メラニン生成抑制)、肌荒れ改善作用などがあります。 シミウス副作用
ヒアルロン酸ナトリウム 抜群の保水力で、肌の保湿に効果を発揮します。 シミウス副作用
アルニカエキス 肌荒れやにきび等を防ぐ目的で、石鹸や化粧品等に配合されています。 シミウス副作用
シナノキエキス タンニンやフラボノイド配糖体といった有効成分を含まれており、保湿効果、血行促進、抗菌作用、抗酸化作用など幅広い効果があります。 シミウス副作用
スギナエキス 収れん、抗菌作用、抗炎症などの作用があります。 シミウス副作用
オトギリソウエキス タンニンを多く含むので収斂・止血作用があり、抗炎症作用もあるとされています。 シミウス副作用
セージエキス フラボノイド、タンニンを多く含み、抗菌作用、血行促進、抗炎症効果、酸化防止効果、肌荒れ防止効果などがあることから多くの化粧品の原料になります。 シミウス副作用
セイヨウノコギリソウエキス 消炎効果が優れているという特性がありますので、日焼けによる炎症を鎮める働きや炎症を防ぐ働きが期待できます。 シミウス副作用
ゼニアオイエキス タンニン、アントシアニンといった、抗酸化物質が多く入っている事で、抗酸化作用、保湿力、皮膚柔軟性、抗炎症、新陳代謝促進作用などの機能のある成分です。 シミウス副作用
カモミラエキス カミツレ(カモミール)の花を抽出して得られるエキスです。保湿効果や収斂などの効果があり、お肌をしっとり、なめらかに保ちます。 シミウス副作用
トウキンセンカエキス 湿疹や炎症を起こした肌を鎮め、しっとりと落ち着かせる効果があります。抗菌・殺菌・抗酸化作用にも優れていると言われています。 シミウス副作用
3−ブチレングリコール グリセリンより、保湿性、防腐効果も期待できます。 シミウス副作用
プロピレングリコール 保湿剤や乳化など様々な用途に使用され、食品や医薬品にも用いられる場合がある。 シミウス副作用
濃グリセリン 水分を吸収する性質があることから保湿目的に、広く、化粧品に配合されています。 シミウス副作用
カルボキシビニルポリマー 乳化剤、安定剤、沈殿防止剤、増粘剤、ゲル化剤として使用されています。 シミウス副作用
水酸化カリウム アルカリ剤の一種で化粧品ではpH調整剤として配合されます。 シミウス副作用
精製水 美容成分をより浸透させるので美容効果を引き出すことが役割があります。 シミウス副作用
アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体 親水基と親油基を持つ高分子増粘剤で、乳液中では乳化剤として働きます。 シミウス副作用
エタノール 収れん作用、殺菌作用があります。 シミウス副作用
1,2-ヘキサンジオール 多価アルコールの一種で化粧品の成分としては、保湿剤、防腐剤、感触改良剤として使用される成分です。 シミウス副作用
青色1号 食品、医薬品、化粧品などの着色料、食品添加物として使われます。 シミウス副作用
赤色106号 タール色素に分類されるキサンチン系の酸性染料です。食品添加物としても許可されているものなのでタール色素の中では比較的安全性が高いと言われています。 シミウス副作用
パラオキシ安息香酸メチル シャンプーや化粧品類に防腐剤として添加されています。 シミウス副作用
香料 化粧品に香りを付け、又はにおいをかくすために添加されています。 シミウス副作用

 

シミウスの全成分をすべて調べたところ、副作用の危険性がある成分は一切含まれていませんでした。

 

むしろ、抗炎症作用を持つ成分をふんだんに配合しているので、肌荒れでも使用できる商品です。

 

ただ、シミウスは無添加処方ではなく、防腐剤の役割を果たすパラベンや着色料を配合しているので、極度のアレルギーの方は注意が必要です。

 

シミウスは公式キャンペーンを利用するとリスクを軽減できる

 

シミウス副作用

 

シミウスを初めて使うなら公式サイトのキャンペーンが安心です。

 

というのも30日間の返金保証が付いているからです。

 

シミウスの返金保証制度とは

 

シミウスを使用して効果を実感できない場合や肌に合わなかった場合に利用できる制度です。

 

保証が適用されると速やかに指定口座に料金が振り込まれ、その後シミウスが勝手に送られてくることはありません。

 

なので、万が一自分に合わなかったとき安心ですし、無駄な出費を抑えられます。